2011年05月25日

福島の母達の叫び ☆☆☆

先日、福島県より母親達が文科省へ直訴へ
行きました。マスコミでの報道でご存知の方も
多いとは思いますが、実際に行かれた方の日記のほうが
よりわかりやすいので、少し長いですが転送させていただきます。

わたしも自分の住む町の子ども達や妊婦さんがとても気がかりです。
もう少し警戒してほしいところですが、季節がら暑くなってきており
マスクをかけて歩く子どもも少なくなってきています。
給食や通学路の汚染がどのようなものかも不確かです。

福島県では毎日、各市町村の空間放射線量の計測をおこなっていますが、
もうすこし詳しいデータがほしいです。
そして、除染にむけた行動を起こしてほしいのですが、今のところ、そのような動きはなく、”国が安全といっているから動かない”という姿勢です。
法律的にも原子力発電所の事故に関しては県ではなく国が対処することに
なっているようです。

個人的には放射能の除染にはEM菌やその他有用微生物を培養して
発酵環境をつくり
お掃除したり、体内に取り入れたりするのが一番だと思っています。
町単位で市民が協力して、計測器を手に入れて
自分達でデータをとり、行政をうごかしていくことは可能かなと考えたりもしています。

これからしていきたいことは、

1、各個人の被曝量の計算(3月12日から現在まで)を呼びかける
2、自分の住む地域何箇所かの放射線量の計測
3、有用微生物が果たして本当に放射能を減らす効果があるのか計測し
効果がある場合には積極的に校庭や通学路にまく
また、妊婦さんや子ども達に飲用させる
(公にはされていませんが、チェルノブイリでは実績があります。
http://dndi.jp/19-higa/higa_Top.php
4、避難できる方はできるだけ避難してもらう

子どもあっての未来
命あっての仕事、経済です。
優先すべきことを見失わないようにしたいです。

以下転載します。

昨日、文科省交渉バスツアーに参加してきました。

暫定基準20ミリシーベルトの撤回、
放射線低減策の実施と費用の国負担。

わたしたちのお願いは、
まったく当然と思えるものだけだったし、
すぐにも「そうします」という回答が聞けて、
集会は10分で終了、万々歳で帰路につくのかな~
と思っていたわたしは、本当にお人よし…。

集会は、のらりくらりの答弁を聞く2時間で、
コンクリートの上に座らされたお尻と腰は痛みましたし、
それ以上に、精神的にガックリ疲れました。

交渉には、高木文科相も副大臣も政務三役も出てこず、
(話し合いの結果、会わないことを決めた…と説明あり。
親たちに会わないと決めた理由を知りたいものです)
大臣らは国会審議中で物理的に会えないという話だったけど、
三役の一人は省庁内にいて、残りは外出中(どこに行ったかわからず、
携帯で連絡もとれない場所らしい…変なの…!)
省庁内にいる一人も、最後まで出てきませんでした。

代わりに交渉に出てきたのは渡辺原子力安全監次官。
この人がすごかった!
絶対に撤回を認めるなと厳命されてでてきたのか、
何をいってものらりくらり。

「子どもたちが20mSvまで浴びていいという話ではない。
1mSvをできるだけ目指していくことが文科省の方針である」
といいながらも、
「じゃあ、それを文書にして学校に通達してほしい」というと、
「モニタリングを続けてから判断」「夏休みまで待って」
と、ゴニャゴニャ…モゴモゴ…。

「具体的に国が行った低減策はあるのか」との質問にも、
「現在、方策を提案している…」とモゴモゴ…。
「2カ月以上経っているのに、親たちが自主的に動いているのに!」
の声にも「申し訳ありません」の一言もなし。
絶対に謝罪もするなっていわれていたのかなあ…。

集会中、渡辺さんの声は、
どんどんどんどん小さくなるし、何をいっているのか、
拡声器を通してもさっぱり聞こえなくなっていきました。
さすがに後ろめたいこと、心が痛むことを、
いい続けなければならない心中はお察ししますが、
もっと、心のある答えが聞きたかったです。

福島みずほさんや、川内博史さん、森ゆうこさんら、
議員さんが出てきて、取りまとめをしてくださったおかげで、
わたしたちの要求を、渡辺さんが政務三役にはかり、
実現に向けて検討を始めてくれることにはなりました。
その経過は、毎日、議員さんの方へ
報告してもらうことも決まりました。

ほんの少しですが、前進したものと思います。
マスコミも大きく取り上げてくれています。
国民を守るのが国の役目。
その当たり前のことが実現できる社会にしたいです。



■昨日の模様。
http://www.janjanblog.com/archives/41384

■動画のアーカイブ。
その1 http://www.ustream.tv/recorded/14905983
その2 http://www.ustream.tv/recorded/14907393
その3 http://www.ustream.tv/recorded/14907501
その4 http://www.ustream.tv/recorded/14907533
記者会見 http://www.ustream.tv/recorded/14907841

■報道はこちら
http://www.news24.jp/articles/2011/05/23/07183210.html#
http://www.asahi.com/national/update/0523/TKY201105230436.html


あ、嬉しいことがひとつだけ。
参院の参考人として国会に招へいされていた小出先生が、
わたしたちの院内集会に駆けつけてくださいました!!!!!
穏やかな声、真摯な語り口で、
いかに20mSvが危険な数値であるかをスピーチしてくださいました。
集会後、握手をしていただき、
「ぜひ、山下さんの代わりに、県のアドバイザーになってください!」
とお願いしてきました♪

ちなみに小出先生の証言はこちらです。
参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」小出裕章氏
http://www.youtube.com/watch?v=GASMdrWqUOY
http://www.youtube.com/watch?v=jygNyahW1UM
すばらしく明解!


同じカテゴリー(生きていく上で大切なこと)の記事画像
ほんとうはあやまってほしかった・・・
愛のようなもの
楽になった!!執着を手放す♪
もやしもん つながり☆
光の柱となりましょう♪~田中優さん講演のお知らせ~
声にだしてもいいんだよ♪~脱原発 ふくしまより~
同じカテゴリー(生きていく上で大切なこと)の記事
 元気です♪ (2012-06-05 22:13)
 ほんとうはあやまってほしかった・・・ (2011-07-21 22:45)
 まなざし☆☆☆ (2011-07-04 00:12)
 6月29日は伊達市 ふるさと会館へ!! (2011-06-27 22:32)
 田中 優さん 会津若松講演のお知らせ☆☆☆ (2011-06-21 13:38)
 愛のようなもの (2011-06-19 20:50)

Posted by イルカ at 22:54 │Comments(0)生きていく上で大切なこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。