2011年01月21日

地域の”宝”

それは人であると思います。

先日、

素敵な竹職人さんに

出会いました。


須賀川の松明あかし
という火祭りの
松明を
つくりつづけている
松永さんです♪


昭和20年ぐらいから
”しょいこ”や”ざる”を
作り続けているそうです。



竹は
なたで裂いていきます。
とても簡単そうに裂いていますが
難しいのだろうな~

と・・・


プラスチックやダンボール製品が主流の現代では
商売としては成り立たなくなって
しったとのこと
しかし、ぽつりぽつりと
注文が入るそうです。

パンやお菓子を竹かごに
いれて持ち歩くのに
とても便利なのです。
そして味もあって!!
マイバックとして
お店に持ち歩くと
「いいわね~」
なんて声をかけられます。



77歳の松永さん、
この技術を伝承したいと思っているようです。






同じカテゴリー(地元を愛する)の記事画像
”こころ”
あなたが主役で町が輝く~地域の底力のヒミツ~
チッタ・スロー ゆっくりした町
人生のつまったあたたかいおもてなし
想いの物語
アフリカの光&大豆を蒔きましょう♪
同じカテゴリー(地元を愛する)の記事
 ”こころ” (2011-02-05 09:42)
 あなたが主役で町が輝く~地域の底力のヒミツ~ (2011-01-24 10:21)
 チッタ・スロー ゆっくりした町 (2011-01-14 07:56)
 人生のつまったあたたかいおもてなし (2011-01-11 17:35)
 にこにこタッチ鏡石♪ 第1回寄り合いしてみました☆ (2010-06-15 23:37)
 お母さん応援プロジェクト♪ (2010-06-03 09:51)

Posted by イルカ at 07:58 │Comments(0)地元を愛する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。