2010年05月01日

初☆チューニョ 

チューニョとは?
アンデス地方で食されている伝統食で乾燥凍結いも(じゃがいも)のことです。

アンデス精進料理を出してくださるタンボロッジさんのすすめで
チューニョを作ってみました。

 カチンコチン、まるで見た目は石です。
これを水でもどしてゆでてから使うのですが、
もどした状態のものをおいておいたら母が干ししいたけと勘違いしてうどんのだしをとってみたそうです。
いくら煮てもだしがとれないのでおかしいな~と
不思議に思ったそうです。

そりゃそうですよ~~しいたけではなくジャガイモですから!!

それにしてももどした状態のものは干ししいたけそっくりなんです。
ちょうどゆでてから使いたかったので良かったのですが・・・
 
大笑いですface03


  これはじゃがいもを凍らせた状態のもの、溶かしてもう一度凍らせます。
そして溶かして水分を手でぎゅ~としぼって皮をむいて天日干しすると
一番上の写真になります。

なんでもこうして凍結と乾燥を繰り返して水分をしぼりだすと、ジャガイモの毒性(陰性物質)が
抜けてしまうそうで、マクロビオテッィク的にも大変陽性な食べ物に変身するとのことなんです。


いざ、スライスして素揚げしてみることに・・・


う~~んどうなんだろうこの断面
真っ黒だ~~~
揚げてもそう見た目は変わりません


塩を振って盛り付けたらなんだかいい感じです。

おっ、以外においしいかも!!

ほしいもの揚げたような食感(ほしいもを揚げたことはありませんが、たぶんこうなるだろな~という推測です)
とジャガイモの風味がいい感じです。
噛みごたえがあるので、ちょっと玄人好みの美味しさです。
私は好きですicon06

しらずしらずにジャガイモ3個分ぐらいペロリと
食べてしまいました・・・icon10


ここまで読んでくださった方
あなたは相当のマニアです♪
わざわざジャガイモを凍らせなくても、そのままでおいしいんだからいいんじゃないの?
と思われると思います。が、しかし
これはすごく保存性が高いので、異常気象で農作物、特にお米が出来なくなったら
貴重な保存食になることと思います。

ですので、もし冷凍庫が空いていれば
(もちろん冷凍庫でなくても寒のときや標高が高い地域にお住まいの方は放射冷却を利用して外気温で!!)
そしてもし、じゃがいもがたくさんあまっているようであれば
非常食を作ってみてはいかがでしょうか?

タンボロッジさんでは、チューニョを使ったとってもおいしい創作料理を
いただくことができます→http://tambo1.com/





同じカテゴリー(加工・ものづくり)の記事画像
蕎麦打ちワークショップ~”ももひき”話 
夏のめぐみ
原点を見つめる。。。ブルーベリー収穫
ゆるゆる畑でうどんを食べる日を夢みて・・・
☆筍の保存方法☆
ついに!!味噌ブーム?
同じカテゴリー(加工・ものづくり)の記事
 蕎麦打ちワークショップ~”ももひき”話  (2010-11-29 17:42)
 夏のめぐみ (2010-07-28 00:04)
 原点を見つめる。。。ブルーベリー収穫 (2010-07-20 01:33)
 ゆるゆる畑でうどんを食べる日を夢みて・・・ (2010-07-04 22:10)
 ☆筍の保存方法☆ (2010-05-19 21:46)
 ついに!!味噌ブーム? (2010-04-30 13:57)

Posted by イルカ at 17:11 │Comments(1)加工・ものづくり
この記事へのコメント
お~~~~!!
チューニョ、さっそくのチャレンジ、すばらしいっ!!!

しかし、「だし」に間違えるなんて、笑えました。

ブログ、結構活発にやってますね。
うちのブログにリンクを張りました。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by タンボロッジの料理長 at 2010年05月08日 14:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。