2009年04月12日

タイマグラばあちゃん

という映画を見ました。

タイマグラとはアイヌ語で
”森の奥へつづく道”
岩手県、早池峰山のふもとです。

そんな素敵で、厳しい自然の中で
な~んにもないけど
な~んでもある

他の夢はみないけど
タイマグラの夢だけは見る

極楽だ~

っていって
お茶をすすってわらう
タイマグラばあちゃんの姿

膝の痛みをお灸をすえて
ぐっとこらえながら
じいちゃんの仏壇の横で
うずくまるばあちゃんの姿

カチコチ カチコチ
振り子時計の音

みそつくり、
農作業
しみいもつくり

ごつごつした手

こぶしの芽のつき方で今年は豊作かどうか
をじ~と見つめる
ばあちゃん

「足るを知る」
ってこうゆうことなんだな~

って
すごい生き方を見せてもらいました。

”欲の解放”
ってこうゆうことだよね・・・

宮城県丸森町のみなさま、この映画を企画してくれて
ほんとうにありがとうございます。
丸森町も本当に素敵な里山で、若者とおじいちゃんおばあちゃんが
元気で、これからますます
いい感じになりそうですね~~

椎名ちえこさんが営む”山里刻”という
すてきな所にとまりました。友人のりんちゃんが
心のこもったお菓子をたくさん焼いていました。
それらの写真です。






Posted by イルカ at 08:53 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。