2009年03月15日

ソマリア沖に自衛隊派兵!?

このことを耳にしたのは、
たしか昨年の暮れくらい・・・

関○宏のサンデー○ーニング
という朝の番組だったかな~

えっ・・・どうしてアフリカのソマリア沖に自衛隊なの?
また、なにかきな臭い感じがすると思っていたのです。

やはり、大国にコントロールされ
行き場をうしなった、民が
武装して戦う選択しかできなくなって
しまっている。

正直、またかよ~
どうかしてるよ、ほんとうに、
とがっくりきてしまう。

でもね、ちゃんと事実に向き合うって決めたんだ!!

ソマリア沖には、核廃棄物も捨てられているらしいです。
アジアの大地震のときにその廃棄物が沿岸に流れ着いて
たくさんの人々が病気になったそうです。


以下、友人で”魔法のナイン”という映画を製作中のしぶきさんの日記です。長いですが
ご一読をおすすめします。

☆☆☆魔法の9(ナイン)ニュース NO5 より☆☆☆☆☆☆☆☆

とうとう、ソマリア沖に、自衛隊が派遣されることが、
決まってしまいました。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090311k0000m010102000c.html?inb=yt
明日14日に、広島の呉基地から、2隻の護衛艦が、出航します


日本政府は、そもそも
「近年、ソマリア沖に出没している、海賊の脅威」を挙げ、
「日本の船を、守るため」と、
護衛艦派遣を検討していたはずです。

・・が、今日閣議決定された、「海賊対処法案」では
「自衛隊が保護する対象に、外国船籍の船も含める」事を、
盛り込んでいます。
そして、海賊船が、停船命令に応じず、
民間船に著しく接近した場合は、
正当防衛かどうかにかかわらず、
船体射撃ができると、しています。


え?他国の船を守るために、わざわざ出向いて行って、
武器を、使用するの?


これ、あきらかに、「違憲」ってやつじゃないか・・・!
憲法9条は、どこにいってしまったの?
戦後、大切に守られてきた砦を、そろそろと、崩し始めた、日本政府。

防衛相は、記者会見で、こう述べている。

 「ソマリア沖、アデン湾の海賊は、
国際社会の脅威で、緊急に対応すべき課題だ。
 わが国にとって極めて重要な海上交通路で、
日本国民の人命、財産を保護することは、政府の重要な責務だ」と。


さて、この「国際社会の脅威」と位置づけられている「ソマリアの海賊。」


ソマリアという国は、今、長年の紛争下で、
「無政府」状態が横行し、困難を極めた状況に、ある。
「ソマリアの海賊」
彼らは、一体、何者なの?


☆以下、2008年11月15日の朝日新聞より抜粋。
海賊にインタビューしたものだ
http://www.peace-forum.com/mnforce/0901somariahahei/02sinbun.htm

◇海軍の変わり 外国船が魚取り尽くした 海賊の広報担当者に聞く


 ウクライナのMVファイナ(注※船の名前です)を
乗っ取った海賊のスグレ・アリ広報担当が、
朝日新聞の電話取材に答えた。

――人質は無事か?
「人間として接している。一緒にトランプで遊ぶこともある。心配は無用だ。
だが米国などが我々を攻撃してきたら、船を壊し、人質も殺す」

――どういう集団なのか?
「みんな魚師だった。
政府が機能しなくなり、外国漁船が魚を取り尽くした。
ごみも捨てる。
我々も仕事を失ったので、昨年から海軍の代りをはじめた。
海賊ではない。
アフリカ一豊かなソマリアの海を守り
、問題のある船を逮捕して罰金を取っている。
ソマリア有志海兵隊(SVM)という名前もある」

――広報活動とは驚きだ。
「我々が語らなければ、真相は誰にも伝わらない。だから積極的に語ることにした」

――各国も取り締まりを強めている。
「ソマリアに軍を送る国は、米国であれ日本であれ間違っている。
我々の海をもてあそぶな。
すべての外国船が出ていくまで戦う。死ぬのは一度。怖くはない」

――イスラム系武装勢力の資金源との指摘がある。
「関係ない。金は船の維持や、武器購入、仲間の給料に使っている。
国を守って給料をもらえるこの仕事に誇りを持っている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆ちなみに、上記、「ごみも捨てられるから」というのは・・・

ソマリア沖には、先進国の「核のごみ」が、不法に捨てられてきたそうです。
以下、ブログ「マスコミに載らない海外記事」より、一部、抜粋。http://eigokiji.justblog.jp/blog/2008/12/cia-12e7.html


多くのヨーロッパ、アメリカ、そしてアジアの海運会社、
とりわけスイスのAchairパートナーズとイタリアのプログレッソが、
1990年代初期に、ソマリアの政治家や、軍指導者達と
投棄協定に署名した。
これはつまり、彼等は沿岸を毒物の廃棄場として使えるというものだ。

国連環境プログラムのニック・ナトールは、
「ヨーロッパの企業は、これが廃棄物を処理するのに、
極めて安価であることに気がついたのです」と言う。

2004年のクリスマスに、
アジアの津波がアフリカ東海岸を襲った際、
大スキャンダルが明らかになった。
巨大な波がそうしたゴミをソマリア沖の海底から取り除いた後、
何トンもの放射性廃棄物と有害な化学物質が、
海岸に流れ寄せた。
何万人ものソマリア人が、このカクテルに接触した後で病気になった。
彼等は国連に苦情を申し立て、国連は調査を始めた。

「村人たちからの、口からの出血、腹部の出血、
異常な皮膚疾患や呼吸困難等いった
多様な健康障害の報告がある」と国連は言っている。
およそ300人の人々が、有害な化学物質のせいで死亡したと信じられている。
~(中略)~
そこで、海域を汚染され、
生計手段が脅かされて怒ったソマリア人は、
自ら解決をすることにした。
漁師たちは武装して、非公式な沿岸警備隊として活動しはじめた。」
(ソシャリスト・ワーカー紙)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そもそも、ソマリアが、
内戦続きで、無政府状態となった、その背景には、
「アメリカ軍をはじめとした、他国の介入」という歴史が、あります。

以下、田中宇さんの記事を、ご覧ください

☆ソマリアの和平を壊す米軍の「戦場探し」
http://tanakanews.com/b1224somalia.htm


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、メールの冒頭にも書いたけど、もう一度、敢えて、書きます。


浜田靖一防衛相は、記者会見で、
自衛隊派遣の理由を、こう述べました。

 「ソマリア沖、アデン湾の海賊は、
国際社会の脅威で、緊急に対応すべき課題だ。
 わが国にとって極めて重要な海上交通路で、
日本国民の人命、財産を保護することは、政府の重要な責務だ」と。


みなさま、本当に、そう、思われますか?


ちなみに、冒頭の朝日新聞の記事には、
こうも、書かれていた。
「海賊の狙いは、人質にとった船員の身代金で、
実際に人質に危害を加えたと報じられた事例はほとんどない。」と。

ぎょうぎょうしくも、
戦後1度も行ってこなかった「自衛隊の武器使用基準を、
変える」試み、今、本当に、必要なの?


そして、わたし達のために、任務に励む事になる、自衛隊の人達。
「中途半端に緩めた、武器使用基準」で
彼ら自身の命は、守りきれるの・・?


もう、出航は、決まってしまった。
もっと、慎重な議論が、必要なのに。
このままいくと、この法案、可決されそうだ。
今までのテロ特措法の成立と、同じ流れで・・
悔しい。
だって、いのちの話だ。


今、日本政府に、できること。
それは、自衛隊派遣ではない。


ソマリア沖の産業廃棄物が、これ以上、捨てられないようにする事。
不法に、捨てた国々に、きちんと引き取ってもらい、
ソマリアの人達の健康被害を、少しでも減らす、お手伝いをする事。


ソマリアの飢えている人々や難民をサポートして
紛争のない、安心な社会を築いていけるよう、
紛争解決に向け、
平和構築の支援策を、実行すること。
そして、これ以上、大国の介入を、させないこと。

わたし達の税金は、このように、使おう。
正しい情報と、慎重な判断が、必要だ。

「いのち」は、傷つけるために、あるんじゃない。
守るもの。
生かすもの。
失えば、もう、二度と、もどらない。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さあ、今日も、私は、
首相官邸と、防衛省・外務省に、メールします・・!
(これしか、今、できる事が、思いつかないので、とりあえず、
意見を送ります^^;○○のひとつ覚え?
何か、有効な手だてがあれば、どうぞ、教えてくださいませ)

後は、絶対、いい映画を、創る・・!
改めて、そう決意した、2009年3月13日。

みなさまも、よかったら、政府に、メールを、お願いします
私は、「アフガンの洋上給油」の事と、一緒に、ほぼ、毎日送り続けています
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html(首相官邸ご意見フォーム)


暖かい場所と、美味しい食べ物、
きれいな水、自分の自由な時間に、心から感謝♪
日本に生まれた意味に、今日も、ありがとう♪
今日も、思いっきり、生きましょう

お読みいただき、ありがとうございます

前田真吹

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今、一人でも、多くの方に、聞いていただきたい、
「アフガニスタンで、今、起こっていること。」
あなたの街で開催していただけたら、嬉しいです・・!
以下、メールください^^
無料で、お話会の企画書を、お送りしています

shivukim@hotmail.co.jp
(住所と、お名前を、教えてください。関心が少しある、見てみたい、という方も、
ぜひ、ご連絡くださいませ♪)

お読みいただき、ありがとうございました^^

☆☆☆ 新 口座開設しました ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 映画「魔法の9(ナイン)は、皆様の暖かいお気持ちによって、
サポートされています。 
皆様には、多大なご協力をいただき、ありがとうございます。
以下、製作資金への、ご協力先の明記を、どうか、お許しくださいませ --m ☆

●新たに、口座を、開設しました・・!●

以前のものは、お振込み後、わざわざ、ご連絡をいただかなければ、
お名前等が、分かりませんでした。
今後は、自動的に、分かるようになります。
ただし、多少の振込み手数料がかかります。ご容赦くださいませ^^;

☆郵便局にある、郵便振替用紙を、ご利用ください

●口座番号 01680-4-116173
●名称    映画 「魔法のナイン」製作実行委員会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※以前の口座も、使用可ですが、引きつづき、お振込み後に、後日メールを、
お願いしております(^^)


お読みいただき、ありがとうございました



Posted by イルカ at 09:06 │Comments(2)
この記事へのコメント
 海賊問題の新しい視点を教示いただき、ありがとうございました。ソマリア沖の魚を撮り尽くしたのは中国と韓国との話もありますが、裏が取れていません。新しい情報があればご記載ください。いずれにしてもソマリアの漁民を正常な状態にもどすには有効な政府の誕生が必要です。そのためには国連の暫定的直接統治など理想に燃えた(国家間の利害を超えた)国際的対策が必要です。国際世論を巻き起こす方向を研究する必要があります。
Posted by 松本洋光 at 2009年03月15日 09:50
松本さん>
 コメントありがとうございます。
国際的対策、必要ですね。
しかしながら、武力による統治は避けてほしいです。
Posted by イルカイルカ at 2009年04月01日 23:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。