2009年03月11日

いのちの味

今日は、
東京、恵比寿で
COBOの勉強会がありました!!

お米プロジェクト VOL1の
二日目です♪ http://cobo-net.com/?cat=23

酵母液を使ったお料理を教わって、味わってきました。
お料理を教えてくださったのは、ホールフーズスタジオの天野 朋子さんです。
マクロビオテック×coboの可能性を
感じることができました!!

遠方からの参加者は、私ぐらいしかいなかったようで
会場に早く着きすぎたおかげで
主催のウエダ家さんのお父様と少しだけ
お話することができました 。

もともとデザイン系、コマーシャルのお仕事をなさっていたらしいのですが、酵母の世界と出会ったのは、
水と土の関係を
調べて全国各地を歩きまわったのが出発点らしいのです・・・
”森は海の恋人”の畠山さんにもお話を聞きにいったり
していたそうです!!
なんか、すごいですね~~~

つながってる~~~

都会の街中のお洒落な
白い壁のビル
どうみても
そこは無機質なようですが・・・
珪藻土の壁や自然なお水を練りこんであったり
床も特別な処理をしてあって、微生物が住み着きやすい
つくりになっているとか・・・
蔵つき酵母ならぬ、蔵つきビルですか!!
都会の中でも生き物を感じていられる生活って
可能なんですね~

わたしは、今、
中途半端な田舎に住んでますが
土と身近に暮らすこと
そこには人間が計り知ることができない
自然の営みが、脈々とあって
それをなんとなく
肌で感じながら
暮らしてきたご先祖さまがいて、

感覚的なものが鈍くなってしまった現代人は
ある程度、頭で考えて選んでいくことに
なれてしまって
大切ななにかを今こそ
思い出すときに
きているのですね

だから無理しない!!
それが一番ですね。

都会には都会の
田舎には田舎の
それぞれの人の

その風土や環境にあったやり方で
命を感じられる生き方ができるんだ♪

だから、どこにいても
だれといても
自分次第ということなんですね!!

今、自分の身近にあるものを
自分の内側を
じっくりと味わいつくしてみる。

そんな楽しみを見出していきたいな~

としみじみと思うのです。

 今日のメニュー
  カラフルちらし寿司(りんごCOBO使用)
  炒り玄米と昆布COBOのスープ
  ライスコロッケ(トマトCOBO使用) 
  ライスプディング(きんかんCOBO使用)

どれも、命の味がして・・・
香りや味わいが深くて
とても美味しかったです 。

 お米と野生麹の酵母とBIOsウオーター、小麦粉だけで作ったパンも
なんとおいしいことか!! とても懐かしい香りがします。甘みと旨みが絶妙、
しかもやわらかく、食べやすい♪酵母の力ってスゴイ!!
そう感じさせてくれるパンです
これはすごいです→その名もプチベレーかわいいですね♪



Posted by イルカ at 22:18 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。