2009年01月02日

お米のなみだ;;

さきほどBSで
「お米のなみだ」
というドラマの再放送をみました。再放送みれてよかった~
みたかった方のために簡単にあらすじを・・・



地球温暖化、異常気象で高温障害(高温不稔)という状態が
出穂期におこり、実がはいらず、アジア・日本で
大幅な不作となる情報が極秘発表された。
この情報を利用して、
いち早く日本全国中山間部の田んぼを
青田買いして、ひと儲けしようとたくらんだ
商社の社員(みのりさん)が主人公なのです。


現地入りしたみのりさんが見たのは・・・
幼いころに自分の胸に焼きついていた原風景

一方、村ではお米1俵2万4000円(ごはん茶碗1杯24円)を地元で買って、地元の旅館や学校給食で消費する地元ぐるみの活動が根づこうとしていた。
(みのりさんが働く商社では1俵1万2000円が相場、いかに安く買い付けて市場に売り渡すのが仕事)

実は、みのりさんの実父は、この村で米農家をしていたが、農業経営に失敗して自殺してしまった。その苦しい過去を打ち消すように
みのりさんは村の人々を説得する

 「 儲かるときに儲ければいいじゃないですか!!
   きれいごとじゃすまされない!!!
   本音と建て前がある!
   どこまでお人よしなんですか~!!!」


結局、村の人の強さとあたたかさ
お米の美味しさに

ほろりほろりと涙をながし、
氷のようにかたまった
みのりさんの心は
解けて
買収は断念・・・

人間の予想した異常気象はそこまで被害を及ぼさず
不作はまぬがれ、
青田買いに奔走した商社は損をした。





とてもドラマとは思えない内容で・・・
思わず涙、涙、涙・・・みのりさんの厳しい言葉もグサリッグサリッとつきささりますね~

お米作り、数年ですがお手伝いしていました。
おてんとうさまと自然の恵みで
食べ物をを育てるということの壮大なドラマを
四季を通じて感じることができたあの数年、
ほんとうにたいせつな、たいせつな、いとおしい営みです。

このドラマに出てくる実直な農家さんをみていると
トルストイの「イワンのばか」http://www.aozora.gr.jp/cards/000361/files/42941_15672.html
を思い出します。
「なんでもっとみんなかしこくならないの!!」といって
みのりさんが倒れてしまうところなんか、
イワンのばかのおちと一緒じゃないですか~

やっぱりもっと、アホにならんといかんな~と思うのです。
としめらしくない〆ですが、
もっと人間らしく生きられる道を選択して みようよって!!
声をはりあげたいのですicon12

私がお世話になっていた佐藤総合農園です♪http://www16.plala.or.jp/superfarm/index-2.html
園主佐藤さん(愛称さとちゃん)は、米作りのパイオニアです。
農文協からDVDもでています。目からウロコの情報満載です。
http://mmsc.ruralnet.or.jp/video/ine/54007284.html

野菜も米もめちゃくちゃうまいですよ~~~ face02


Posted by イルカ at 21:18 │Comments(1)
この記事へのコメント
こんばんは。peaceです^^

この番組、前に見ました!
Posted by peace at 2009年01月08日 18:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。