2008年11月05日

豆で達者な村

今日は、銀河のほとりでウーフをしている
きよちゃんと
よしえちゃんと
鮫川村の進士徹さんのフィールドまで
ルート確認&下見に行ってきました。

9日に石窯パン教室をすることになったので
その準備です!

お天気最高
須賀川から車を走らせること1時間半
のどかな、のどかな
田園風景、川
くねくねの坂道
たどり着くと
進士さんの奥様のゆみこさんが笑顔で迎えてくださいました。

春にお伺いしたときは、まだ製作中の調理室が
立派に出来上がっていたりして
驚きました

実際に現地へ伺って場所を確認してゆみこさんとお話する過程で、
準備や段取りのイメージが膨らんできました

やはり自分から動くことって大切ですね!!
頭でごちゃごちゃ考えているだけではまとまらないことが
体を動かすことで、人と話すことで
なんとなくすっきりしてきます

帰り道は、鮫川村の直売所のてまめ館のカフェで、
えごま地鶏の親子丼をいただきました。
お蕎麦を目当てにしていたのですが、第1・3日曜日限定だそうです。
カフェの壁には、鮫川村を訪れて農業体験をした若者が書いた
村の紹介や、お友達のイナコちゃんが書いた掲示板が貼ってあります。
とても素敵な感性をもった若者達がたくさんくる村であること、そしてそんな人達を快く受け入れる村の人たちの交流の様子が伝わってきます。この直売所に立ち寄ると、あえて開発をせずにのんびりした村の良さを生かして、村の産業を活性化させているのだな~と想像がつきます。
だってホットサンドは大人80円、学割で50円だったり、すいとん定食が350円だったりと良心的な価格です。
カフェのお客様も村人らしき人がたくさんきてましたよ!!

こんな素敵な村で、石窯パン体験教室ができるのは、なんと幸せなことなんでしょう
あと若干余裕がありますので、ご参加お待ちしています。
詳細はこちらです。 http://cobolove.365blog.jp/e114866.html



Posted by イルカ at 22:19 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。