2010年05月19日

☆筍の保存方法☆

筍が
ついに
飽和状態になりました~~~
誰に声をかけても「いっぱいあるの~~」
とのこと・・・

さぁ、保存しましょう♪

いましか食べられない筍

瓶詰めしてのちのち楽しみましょう。


あく抜きして、下処理した筍を適当な大きさにカットします。
ビンにつめて、筍がかぶるくらいの水を入れます。
鍋にお湯を張って、煮沸します。(約30分)


煮沸が終わったら、まし締めして脱気します。(焼けどに注意)


筍の一番おいしい食べ方
良質のオリーブオイルを使用して低温で炒めて塩で味付け♪ 以上 簡単です!!

余談ですが・・・
煮沸しないで、ビンに詰めて冷蔵庫に入れておいたら
ぷくぷく発酵してきました~
たけのこ酵母すごそうです。

今回はすぐにお料理してしまいましたが
たけのこを発酵させてそのエキスを植物に与えると
元気いっぱいになるとのことです。
すごいですね~
  


Posted by イルカ at 21:46Comments(0)加工・ものづくり

2010年05月19日

ぷくぷくの魅力♪

ぷくぷくの魅力をどう
お伝えしたらいいかな~~~~

”ぷくぷく”=”発酵”を
感じさせてくれる
ビンの中で繰り広げられる世界♪

もう!!!
すんごいんですから~~

今日は、郡山・福島方面より
Yさん、Rさん、Wさんがいらっしゃいました。
しかも
ちゃんと、ご自分で育てた酵母持参です。
同じ素材でも、その環境でまったく状態が変わってくるのが
また面白いところです。


ゆっくりじっくり時間をかけて
醸し出された味です。
デザートワインのような風味になっています♪
発酵が進むと、酵母から酢酸菌への命のリレーがおこなわれ
ついにお酢になります!!

このぶどう酵母のエキスを培養するとパン種(膨らむもと)ができて、
パンをつくることができます。万が一お酢になっても
それをお料理に使うこともできます。

生きてる♪ ”生命の躍動”を感じることができる。 それが一番の魅力ですキラキラ


             干し柿酵母のライ麦パンを使用して
                           ひえコロッケサンド

パンとともにさまざまな夢もふくらみますね♪
Yさん、Rさん、Wさん、今日も学びをありがとうございます。
今日も感謝の一日ですface05

             ~農と食と感動をつなぐ風土ぱん いるぱん~
           土に根ざした暮らしの実践!! 日本の発酵文化はすばらしい♪

 酵母のこと、パンのこと一緒に学びませんか?
ぷくぷくをはじめよう♪ いるぱん教室は随時受け付けしております。
興味のある方は下記のアドレスへメールいただけると詳細を返信いたします。

takayoshi@purple.plala.or.jp  


Posted by イルカ at 21:11Comments(0)酵母のこと